ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

カミーユビダンの名言セリフまとめ!ファとのその後や精神崩壊理由も

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、機動戦士Zガンダムの主人公カミーユ・ビダンの名言を紹介します!

ガンダムシリーズ最強クラスのニュータイプ能力を持ったモビルスーツパイロットとも言われるカミーユ君。

本文では、カミーユ・ビダンの名言セリフを中心に、幼なじみファ・ユイリィとのその後についてZZ時代にまで触れて解説していきます。

また、「Zガンダム」最終回でカミーユ・ビダンが精神崩壊した理由や、パプテマス・シロッコとの最終決戦のほか、カミーユ・ビダンの出身地名ニイザシティの真相にも触れてみます!

もくじ

カミーユビダンの名言セリフまとめ

カミーユビダン名言セリフ1.「病欠です!」

テレビ版第1話「黒いガンダム」での、初登場シーンの一言です。

部活をサボって、空手部キャプテン(先輩)にいきなり殴られるカミーユ!

しかも、殴られた勢いをそのまま利用して回転受け身を披露しています。

第1話から、アムロとは違うことをアピールした演出も兼ねているんですね~☆

カミーユビダン名言セリフ2.「フフフフフ…これで若い恋人とうまくいくね。マルガリータとかってさ」

テレビ版第4話「エマの脱走」のカミーユの名言です。

不倫を繰り返していた父親に嫌味たっぷりに母親の死を報告する場面ですね…(つらたん)

このセリフを不気味に笑いながら言い放つというのは、幼少期からの恨みや愛情への飢えが見え隠れしますね。

カミーユビダン名言セリフ3.「口数が多いんだから。トーレスの奴、トーストにしてやる…!」

テレビ版第21話「ゼータの鼓動」のカミーユの名言…というより迷言かもしれません(;’∀’)

アーガマの左舷を担当していたトーレスに小言を色々言われて、ブーたれたカミーユのセリフです。

シリアスなシーンが多いZガンダムの中で微笑ましいカミーユの名言ですね。

ちなみに、この一言は、トーレスに聞かれてしまいます(笑)

カミーユビダン名言セリフ4.「…なんだ、この感覚!悲しみと苦しみが、入り交じって…!一人の人間の力で、あれを止めることなんて、できや、しない…!」

テレビ版第40話「グリプス始動」のカミーユの名言です。

グリプス2のコロニーレーザーによってサイド2・18バンチは壊滅し、その惨状の感覚をカミーユが感じ取った際のセリフです。

ニュータイプ能力が高い故に感じ取れる感覚と言えますね。

カミーユビダン名言セリフ5.「ファ?…大きな星が、ついたり消えたりしている…アハハっ、おおきーい!彗星かなあ?いや、違う…違うな。彗星は、もっとぉ、バァッ!って動くもんなー」

テレビ版最終話「宇宙を駆ける」でのカミーユの悲しい名言です。

パプテマス・シロッコとの最終決戦に勝利したものの、精神が崩壊してしまった時のセリフです。

この気が狂ったセリフに驚いた視聴者も当時は多かったかもしれませんね。

今見ても、悲しくなります…

(劇場版では無事だったからよかった…)

カミーユビダンとファユイリィとのその後!ZZ時代では?

グリプス戦没直後、精神が崩壊したカミーユ・ビダンは、アーガマ艦内でファ・ユイリィに介護されながら、精神疾患の治療を行なっていました。

その後、アーガマがシャングリラに寄港した際、カミーユは治療のため入院しています。

入院直前、カミーユは、初めてジュドー・アシータと出会います。

ジュドーの手を握ることで宇宙のビジョンを見せるとともに、Zガンダムに搭乗する様に思念で導いたようにも見えます。

そして、カミーユは治療に専念するため地球に降りることになります。

タブリンの病院で看護師の手伝いをすることになったファに介護されながらの生活を続けていました。

しかし、第一次ネオ・ジオン抗争の後半に地球に降りたアーガマを狙うグレミー・トトの部隊の襲撃に遭ってしまい、その時カミーユは病室を抜け出し、行方不明になってしまいます。

それ以降、エルピー・プルに思念の「声」によって的確な指示を出すなどしていたところで、逆にプルの導きによって、カミーユは発見されアーガマに収容されました。

戦争が終盤に近づき、グレミー・トトの言葉に怒りを感じたジュドーに対して、カミーユは戦う理由を意思で伝えています。

また、ジュドーとハマーン・カーンの最終決戦では、行動不能となったジュドーのコア・ファイターにガンダムに関わった人々とともに思念のエネルギーを送り、再合体させたのです。

その最終話では、病状が回復し、ファと共に海岸を走り抱擁シーンが描かれていますので、とりあえずハッピーエンドとなりました。

では、その後はというと松浦まさふみ著のマンガ「機動戦士ガンダムムーンクライシス」の中で医者になったカミーユと共にファンブラウン(月)で暮らしていることになっています。
ただし「結婚」という形に至ったかは不明です。

(個人的にはくっついていてほしい!)

カミーユビダンの最後!精神崩壊の理由を解説

テレビ版でのカミーユ・ビダンの最後は、パプテマス・シロッコとの最終決戦において、シロッコの断末魔が引き金となり精神が崩壊してしまいます。

精神が崩壊してしまったカミーユは、ファ・ユイリィの呼びかけにも応じることもできない状態でした。

また、モビルスーツの爆発が宇宙空間での星々と見間違えて、無邪気に喜ぶ姿もさらしています。

この様な姿を見た当時の視聴者に驚きを与えています。

では、なぜ精神が崩壊してしまったのでしょうか?

劇中では、シロッコが死に際に「精神を道連れにする」と言い、光の帯がカミーユに向かっていく描写があるだけです。

と同時に、カミーユ・ビダンのニュータイプ能力が高すぎたせいだったのかもしれません。

様々な資料で、カミーユのニュータイプ能力について

「宇宙世紀に登場した数多いニュータイプの中でも最高のニュータイプ能力の持ち主」

と評されています。

テレビ版では、カミーユは戦いの中で、そのニュータイプ能力がどんどん覚醒していく一方で、その高いニュータイプ能力であるが故にカミーユの精神は鬱屈し疲弊していきました。

最終的に、シロッコの怨念にも似た思念によって、その疲弊しきった精神が壊されてしまったのかもしれません。

公式のガンダム情報サイトには、カミーユについて「感受性が強く最高のニュータイプとして覚醒をしていくが、その能力ゆえに多くの人々の思いを受け止め、テレビ版では精神的に限界を迎える」とされています。

カミーユ・ビダンは、自らの強すぎるニュータイプ能力に押しつぶされてしまったとも言えそうです。

カミーユビダンのラストの決戦!パプテマスシロッコ戦を解説

カミーユ・ビダンの最終決戦は、ジ・Oを操るパプテマス・シロッコとの交戦です。

パプテマス・シロッコは、スペースノイド出身でありながら、その類い稀なる策士の才能を持ち、反スペースノイド組織のティターンズの実権を握っていました。

カミーユは、それまで親しい人間だけなく敵味方問わず、次々と命を落として散っていく激戦の中で、その人々の死の思いや叫びを受け止め続けていました。

そんな中、グリプス2内でのクワトロ・バジーナ、パプテマス・シロッコ、ハマーン・カーンの身勝手な大人の言い争いに飛び込んでいきます。

大人に対する反抗と幻滅を抱き、最も許すことのできない相手シロッコとの一騎打ちとなります。

最終決戦では、ジ・Oを駆るパプテマス・シロッコが、一時カミーユが操るZガンダムを圧倒します。

しかし、カミーユのニュータイプ能力からか、死者の意志を吸収したZガンダムが不思議な光を放ちます。

カミーユと出会い、死んでいった女性たちの魂がウェーブライダーとひとつになり、ジ・Oの装甲に突撃します。

ジ・Oの装甲ごとシロッコの肉体を突いて戦いに勝利したカミーユ。

しかし、シロッコが絶命の寸前に放った断末魔の思念によって、多くの人々の思いを受け止めてきたカミーユの精神が崩壊してしまったわけです。

ラストは、ファのメタスによって曳航されるZガンダムと半壊したマークⅡがアーガマに帰還していく場面で終幕となりました。

カミーユビダンの声優!飛田展男プロフィールを紹介

カミーユ・ビダンの声を担当したのは、声優でナレーターの飛田展男さんです。

飛田さんは、1959年11月生まれの茨城県出身の方です。

これまでカミーユ・ビダンの声をはじめとして、他のアニメキャラクターの声優のほか、外国映画や海外ドラマの吹き替えなどを担当されています。

ガンダムシリーズでも、機動戦士ガンダム0083STARDUST MEMORYや機動武闘伝Gガンダム、機動戦士Vガンダム、最近では機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズなどにも出演されています。

そんな飛田さんの趣味は映画と音楽鑑賞、そして特技はモノマネとのことでした。

カミーユビダンの出身地名ニイザシティ(ニューシートシティ)のモデルは新座市?

小説版の機動戦士Zガンダムでは、カミーユ・ビダンの出身地は、東京近郊のニイザシティ(ニューシートシティ)だとされています。

このニイザシティのモデルは、埼玉県新座市がモデルとされています。

では、なぜ新座市がカミーユ・ビダンの出身地となったか?

それは、富野由悠季監督が1971年に埼玉県新座市に移住し、以降、2004年に東京都杉並区に引っ越しをするまでの約30年間新座市に暮らしていたからだそうです。

公式的な見解ではないですが、この説が最も有力だと思われますね!

カミーユビダンの性格や年齢!誕生日もチェック!

カミーユ・ビダンの性格は、自分の名前が女性らしいということに激しい劣等感を持っていることが有名ですよね。

その反動から、小型飛行機やモビルスーツに興味を持ち、空手部に所属するなど男らしい趣味をしています。

ちなみに、両親が地球連邦軍の技術士官だったため、家庭を顧みることなく孤独な少年時代を過ごしていました。

父親が不倫に明け暮れ、そんな父の姿に気づかないふりをしながら、仕事に没頭する母の姿を見て、両親に対して強い不満を抱いていました。

その様な家庭環境と劣等感が複雑に混ざったのか、非常に繊細で感情の起伏が激しい情緒不安定な性格をしています。

カミーユ・ビダンの誕生日は、宇宙世紀0070年11月11日です。

ちなみに、生まれた年については、諸説あり宇宙世紀0069年という説も存在しています。

ということは、グリプス戦役が始まったのが宇宙世紀0087年3月ですから、作中の年齢は17歳ということになりますね。

公式設定では血液型はAB型、身長168.2cm、体重59.5㎏ということです。

カミーユビダンのまとめ

カミーユ・ビダンは本作の主人公として物語の中心人物として描かれていますが、その内面は育ってきた環境から孤独な少年時代を過ごしていました。

また、自らの名前に劣等感を抱えならがら生きていた繊細な人物でもあります。

グリプス戦役の戦争に焦点を当てるのではなく、軍や戦争に翻弄されながらも互いに惹かれた女性に出会い、激動の少年時代を過ごした一人の少年カミーユ・ビダン。

その人間性に注目しながら作品を見返してみるのもいいかもしれませんね!

カミーユビダン×ぴあを最安値で購入するには?楽天やamazonをチェック!

カミーユビダンのムック本「カミーユビダン×ぴあ」ですが、

楽天なら1400円、Amazonでも1400円で買えるそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カミーユ・ビダンぴあ ぴあムック / ぴあ ピアカブシキガイシャ 【ムック】
価格:1400円(税込、送料別) (2019/1/9時点)

楽天で購入

 

 

中古なら1100円で購入できるので、中古でも気にしない方なら、Amazonの方がオススメですよ(*‘∀‘)

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM , 2019 All Rights Reserved.