ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

アンジェロザウパーの名言まとめ!その後の人生や鉄仮面説も|ガンダムUC

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回、紹介するのは機動戦士ガンダムUCに登場したアンジェロ・ザウパーとその名言です。

アンジェロ・ザウパーは、袖付きのパイロットで階級は大尉です。

そしてフル・フロンタルを盲信し、その忠義ぶりは恐ろしさすらを感じるフル・フロンタル親衛隊長です!

またアースノイドやスペースノイド問わず、戦争を続ける者に達に憎悪を抱いているようです。

ここまでフル・フロンタルに心酔するには訳があるのでは!?と思ったので、少し調べて見た所意外な過去が明らかに!?

本文では名言のほか、機動戦士ガンダムF91に登場するラスボス鉄仮面ことカロッゾ・ロナ説の正体だという噂もあるので、その真相にも触れていきたいと思います。

アンジェロザウパーの名言セリフまとめ!

では、劇中ではフル・フロンタルを心酔するあまり、過剰なフル・フロンタル愛を感じられるセリフが多いアンジェロ・ザウパーの名言を5つ選んでみました!

アンジェロザウパー名言その1「撃ってしまった‥大佐の戦場を‥汚してしまった‥私に撃たせたなぁ!!」

機動戦士ガンダムユニコーンepisode2「赤い彗星」でのアンジェロ・ザウパーの名言です。

これはバナージ操るユニコーンガンダムの性能に驚き、反射的にフル・フロンタルの決戦の場に加勢してしまった時の名言です。

アンジェロ・ザウパーはフル・フロンタルを心酔するあまり、フル・フロンタルの勝利を信じて疑わないために、フル・フロンタルの戦場に出だしをしないという誓いを立てていたようです。

むしろ加勢することがフル・フロンタルの勝利を疑っている裏返しと考えていたようです。

しかしガンダムの性能に驚き、勢いで加勢してしまった時に、咄嗟に出た一言というわけです。

幾ら何でも考えすぎだとアンジェロ‥と声をかけたくなるような心酔ぶりですよね‥きっと声をかけても聞く耳を持ってもらえないでしょうけど‥

アンジェロ「かすめただけで‥!?大佐!!撃ってしまった‥大佐の戦場を‥汚してしまった‥私に撃たせたなぁ!!」

出典:「機動戦士ガンダムUC」より

アンジェロザウパー名言その2「貴っ様ぁ!」

機動戦士ガンダムユニコーンepisode2「赤い彗星」でのアンジェロ・ザウパーの名言です。

バナージ・リンクスがフル・フロンタルを前にして仮面を脱ぐように要求したことがアンジェロ・ザウパーの逆鱗に触れて、突然キレた時の一言です。

この前にもフル・フロンタルがユニコーンガンダムとそのパイロットに興味を示していたことが、不満だったようでストレスが溜まっていたようですね。

フル・フロンタルのことになると精神状態がおかしくなってしまうのが、アンジェロ・ザウパーなのです!

バナージ「失礼ですが……。その仮面は、傷か何かをお隠しになっているものなのでしょうか。もしそうでないのなら、顔を見せていただきたいのです」

アンジェロ「貴ッ様ぁ!」

フロンタル「い、アンジェロ大尉。バナージ君は礼儀の話をしている」

出典:「機動戦士ガンダムUC」より

きっと、ここでも止められたことで、さらにバナージに対する憎悪を募らせていったはずですね‥

アンジェロザウパー名言その3「では貴様はどうなのだ!?武力の全てが悪というなら、ガンダムを使った貴様も同罪だ。貴様のせいで我々も貴重な兵を失った!」

機動戦士ガンダムユニコーンepisode2「赤い彗星」でのアンジェロ・ザウパーの名言です。

袖付きの捕虜としてパラオに連行されたバナージ・リンクスが、フル・フロンタルが起こした武装攻撃を非難した時にも、再びキレたアンジェロ・ザウパーの名言です。

やっぱりここでもキレてしまったよ‥

フル・フロンタルに意見する者は当然のこと、フル・フロンタルが擁護するバナージ・リンクスがフル・フロンタルに意見したことが我慢できなかったようですね。

どこまでフル・フロンタルを心酔してんだか‥

バナージ「でもテロはいけませんよ!どんな理由があっても、一方的に人の命を奪うのは良くな
!そんな権利は誰にもないんだ!」

アンジェロ「では貴様はどうなんだ!武力のすべてが悪なら、ガンダムを使った貴様も同罪だ。貴様のせいで我々も貴重な兵を失った……、たとえ流れ弾だろうが、貴様が撃ったことに変わりはない!」

フロンタル「バナージ君にはまだそんな実感はない。無我夢中だったのだろうからな。セルジ少尉は不運だった」

出典:「機動戦士ガンダムUC」より

アンジェロザウパー名言その4「なぜ、大佐のお考えを理解しようとしない!」

機動戦士ガンダムユニコーンepisode6「宇宙と地球と」でのアンジェロ・ザウパーの名言です。

ロンド・ベルとの共闘が、破綻しネイル・アーガマの機体保管庫で、ローゼン・ズールに搭乗したアンジェロ・ザウパーが、機内でミネバ・ラオ・ザビ(オードリー)の館内放送を聞き、言い放った一言です。

アンジェロの中ではフル・フロンタルが唯一無二存在であって全てと言っても過言ではありませんね‥人生の窮地から救ってくれた人物で、そのカリスマ性に惚れ込んだわけですから。

それにしても、全ての人がフル・フロンタルの考えに理解できるかといえば、できないですよね‥

ちょっとアンジェロ・ザウパーは考えが偏りすぎてはいますが、またそれがアンジェロ・ザウパーというキャラを引き立たせてくれているのではないでしょうか?

ミネバ「赤い彗星の再来……その力強さにすがった時もあった。連邦に追い詰められた私たちには、他に何もなかった。でも、お前はシャアではない。私の知っているシャア・アズナブルは、人の可能性を信じていた!」

アンジェロ「なぜ大佐のお考えを理解しようとしないッ!」

出典「機動戦士ガンダムUC」より

アンジェロザウパー名言その5「初めて会った時から気に入らなかった‥死んじゃえよ‥お前ぇ!」

機動戦士ガンダムユニコーンepisode7「虹の彼方に」でのアンジェロ・ザウパーの名言です。

最終話で、アンジェロ・ザウパーが操るローゼン・ズールのサイコ・ジャマーで、バナージ・リンクス操るユニコーンガンダムのNT-Dを封じた時、アンジェロがバナージに向かって言ったセリフです。

アンジェロが心酔するフル・フロンタルが興味を示していたバナージ。

ことあるごとにフル・フロンタルに楯突くバナージ。

それでもフル・フロンタルがバナージを気にする。

という積年の恨みが戦いの最中に優位に立った時に爆発したわけですね!

バナージ「なんだ……? ぐあぁッ!ぐッ……サイコミュが遮断されていく……!?」

アンジェロ「初めて会った時から気に入らなかった‥死んじゃえよ‥お前ぇ!」

出典:「機動戦士ガンダムUC」より

アンジェロザウパーのその後の人生とは!?鉄仮面説を解説!

機動戦士ガンダムユニコーンでのアンジェロ・ザウパーの最後は、ローゼン・ズールでバナージを苦しめるものの、覚醒したユニコーンガンダムによってサイコジャマーがかき消されてしまいます。
その時、自身の忘れてしまいたい壮絶な過去を覗かれた恥辱から自分自身でローゼン・ズールのコクピットをインコム・クローで握り潰してしまうのです。
それでも一命をとりとめたアンジェロ・ザウパーは、バナージとの戦闘に敗れたシナンジュのコクピットブロックとフル・フロンタルの亡骸を発見し泣き崩れるところが最後でした。

その後のアンジェロ・ザウパーの消息がわからないこともあって、機動戦士ガンダムF91に登場しているラスボス鉄仮面ことカロッゾ・ロナでは!?という説が実しやかに囁かれていたようです。

確かにアンジェロ・ザウパーと鉄仮面では、

・年齢が一致している

・カロッゾ・ロナの実子ドレル・ロナとアンジェロ・ザウパーが似ている

・ふたりとも「花」をモチーフの機体に乗っているなどいくつか共通点がある

といったことから「アンジェロ=カロッゾ」という説が出ているのかも…!

そこで鉄仮面説の真相を調べてみましたよ!

まずカロッゾの本名がビゲンゾンというバイオコンピュータの研究者でしたし、マイッツァー・ロナの提唱する貴族主義に傾倒しています。

アンジェロには貴族主義を思わせる描写もありませんし、カロッゾは生まれながらのインテリ気質ですから「アンジェロ=カロッゾ(鉄仮面)」というのは、あくまで噂レベルの話なのではないでしょうか?

一応、一命をとりとめていたので、続編の機動戦士ガンダムナラティブに登場していると思いきや登場していませんでしたね。

このようにラプラス事変以降の消息がわからないことも、鉄仮面説が出てきた一つの理由なのだと思います。

ただ、F91を観ればわかりますが、カロッゾは奥さんを別の男に取られてしまい、ハートブレイクして仮面を付けています。

同性を恋愛対象としているアンジェロであれば、同一人物というのはちょっと不自然ですよね。

この説を言い出した人は、F91を最初から最後まで正座して観直してください。

アンジェロザウパーの専用機体を紹介

アンジェロザウパーには専用機体が与えられていますが、その他の機体にも搭乗していたこともあるようなのでチェックしてみましょう!

AMS-119 ギラ・ドーガ

第二次ネオ・ジオン抗争で活躍したネオ・ジオンの主力量産機ですね!

ギラ・ドーガは「人間の機能を拡大した汎用性の高い機動兵器」というモビルスーツ元々のコンセプトに基づいて設計された機体と言われているようです。

アンジェロ・ザウパーは、ギラ・ズールが完成するまでの間は、紫色に塗色された専用ギラ・ドーガに搭乗していたようです。

AMS-129 アンジェロザウパー専用ギラ・ズール

ギラ・ドーガをベースに設計された後継機です。

しかし本当はギラ・ドーガのパーツを流用したギラドーガの改修機という位置付けが正解みたいなんですね。

アンジェロ・ザウパー専用機体は、重装兵器で紫色に塗色され、袖付きのトレードマークであるMSの袖口のマーキングが特徴ですね!

YAMS-132 ローゼン・ズール

ローゼン・ズールは、ギラ・ズールをシナンジュ用の予備パーツで改修した機体です!

また機動戦士ガンダムZZに登場したハンマ・ハンマの設計思想をベースに開発され、コクピット周辺にサイコフレームを搭載しているのも特徴ですね!

しかしローゼン・ズールは、サイコミュ搭載機体でありながら、非ニュータイプのパイロットが操縦することを前提に開発されてたようなのです。

と‥いうことは、アンジェロザウパーは、ニュータイプではなさそうですね。

アンジェロザウパー壮絶な過去とは!?

アンジェロ・ザウパーには壮絶な過去がありました!

そねるとれは幼少時代、サイド3の都市グローブに住んでいた時に一年戦争の終結を迎え、そこで占領政策に不満を持ち暴徒化した連邦兵に実の父親を殺されているようです。

それだけでなく、実の母親も性的暴行を受けた事実を目の当たりに精神がここで崩壊してしまうのです。

その後、母親が再婚を果たすも、アンジェロ・ザウパーは義父から、性的虐待を受けるようになり、最後はスラム街で男娼として生きていたというのです‥

ここまで壮絶な過去を背負ったキャラクターもなかなかいません…

男娼として、ただ生きていた時にフル・フロンタルと出会い、助けられたというわけです。
その後は、フル・フロンタルが連邦軍からシナンジュを強奪した事件をきっかけにフル・フロンタルに心酔するようになり、ラウラス事変を迎えたというわけです!

アンジェロザウパーの声優をチェック!

アンジェロ・ザウパーの声を演じたのは、声優の柿原徹也さんです。

柿原さんは、ドイツ出身の36歳で、2007年の第1回声優アワードで新人男優賞を受賞しています。

また語学が堪能ということもあって、日本語以外を話す役柄を任されることが多いようですが、役の幅は広くコミカルな役から冷酷な悪役、主人公のライバルなどを演じています。

アンジェロ・ザウパーの他、機動戦士ガンダムTHEORIGINでは、ガルマ・ザビを演じていますし、大人気漫画を映像化した弱虫ペダルでは東堂尽八役なども演じています!

今後の活躍が期待される声優さんの一人ですね!

アンジェロザウパーの名言とその後の人生や鉄仮面説のまとめ!

今回は、独断と偏見で5つのアンジェロ・ザウパーの名言を紹介しました。

1「撃ってしまった‥大佐の戦場を‥汚してしまった‥私に撃たせたなぁ!!」2「貴っ様ぁ!
3「では貴様はどうなのだ!?武力の全てが悪というなら、ガンダムを使った貴様も同罪だ。貴様のせいで我々も貴重な兵を失った!」
4「なぜ、大佐のお考えを理解しようとしない!」
5「初めて会った時から気に入らなかった‥死んじゃえよ‥お前ぇ!」

本文ではアンジェロ・ザウパーの壮絶な過去にも触れてみました。

あれだけの窮地から救ってくれたフル・フロンタルを心酔することも頷けます。

またフル・フロンタルがバナージに興味を示したことに強い嫉妬心を持ち、いつしかバナージを目の敵にするようになっていく姿もあるようです。

一方のMZ操縦技術は、フル・フロンタルの親衛隊長をやっているだけあって、相当の腕利きのパイロットのようですね!

スパロボ作品にも何度か登場しているアンジェロ・ザウパーですが、ローゼンズールに乗ったアンジェロは意外としぶといキャラクターという評価があるようです。

それにスパロボ作品の一つでは、何故か「強化人間」という技能を持っているようです。

最後にアンジェロザウパーはフル・フロンタル心酔しすぎて気持ちが悪いと感じるときもありますが、その壮絶な過去を知った上で、アンジェロの確約を再度視聴するのもオススメです!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM , 2019 All Rights Reserved.