ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン)

ロザミアバダムの名言セリフまとめ!壮絶な最期と歴代機体も☆

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回は、機動戦士Zガンダムに登場するロザミア・バダムの名言をご紹介します!

ロザミア・バダムは、Zガンダムの女性キャラクターの中でも悲劇の色が強い女性キャラクターですよね(>_<)

また、ロザミア・バダムは、ティターンズの女性モビルスーツパイロットで、劇中での年齢は17歳、階級は中尉となっています。

そして、「ロザミィ」という愛称で呼ばれることが多いキャラクターでした。

本文では、ロザミア・バダムの名言を中心に、歴代の搭乗機体や壮絶な最後、劇中でのエピソードを解説していきます。

ロザミアバダム名言セリフまとめ!

ロザミィはかわいい。

かわいいは正義。

ロザミアバダムの名言1「お兄ちゃん…?お兄ちゃん!!」

テレビ版Zガンダム第39話「湖畔」でのロザミア・バダムの衝撃の名言です。

お、おにいちゃん!?Σ(・ω・ノ)ノ!

ロザミアが、カミーユを見つけた時のセリフなのですが、キャラクター描き方を見ても年上にしか見えないはずなのにも関わらず、このセリフがでてきています。

色っぽいキャラクターでありながら、妹キャラというのは…

逆にありやな!(*‘∀‘)

ロザミアバダムの名言2「あなた、お兄ちゃんの恋人?そう!あたし、思ってたんだ!お兄ちゃんの恋人には、あなたのような人がいいなって。あなた、ぴったりじゃないの、お兄ちゃんの恋人に」

同じくテレビ版Zガンダム第39話「湖畔」でのロザミアの名言です。

カミーユ・ビダンと仲良くするファ・ユイリンを見て突然、言い出したセリフです。

初めて会う人にこんなこと言われたら…と思うと、苦笑いしてしまいますね☆

ファの心中やいかに…!?

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ロザミア・バダムの名言3「いや〜!お医者さんはいや〜!」

テレビ版Zガンダム第40話「グリプス始動」のロザミア・バダムの名言です。

検査を受けることを拒むロザミアのセリフですが、完全に子供のようです。

これが…富野イズム!(違うと思う)

このようにエゥーゴに潜入していたロザミアの精神年齢は、少女になっていますね。

こんなロザミアを見て、人生が狂ってしまった同志も多いのではないでしょうか。

ロザミア・バダムの名言4「宇宙(そら)が…落ちる…!ああ…!」

テレビ版Zガンダム第41話「目覚め」でのロザミア・バダムの名言です。

コロニーの惨状を目の当たりしたカミーユが、次々とティターンズのハイザックを蹴散らして行くのを見たロザミアが覚醒したのです。

これは完全に覚醒する直前のセリフですが、フォウ・ムラサメ同様、強化人間に仕立て上げるため、記憶が操作されていることがわかります。

ガンダムでは美女が悲惨な目に合う法則…(´;ω;`)ウッ…

ロザミア・バダムの名言5「そう、子供には解らないんだから!」

テレビ版Zガンダム第50話「宇宙を駆ける」のロザミア・バダムの名言です。

カミーユ・ビダンとパプテマス・シロッコの最終決戦の時に、エマやレコア、フォウなどこれまで戦いに散った霊体の中にロザミアも登場します。

ロザミアも霊体として登場し、シロッコを庇うサラを退けようとした時のセリフです。

一年戦争で精神が壊れ、ティターンズに利用されるなど大人の事情に振り回されたロザミアならではの名言とも言えますね。

( ˘ω˘)ロザミィの魂よ、安らかに…!

ロザミアバダムの歴代機体まとめ!

ロザミアバダムの歴代機体1:ORX-005 ギャプラン

ギャプランは、ティターンズ所属機で、可変型モビルアーマーです。

推進力がメチャクチャあって、本来は強化人間専用機体の位置付けなのだとか。

地球ではロザミア・バダムが搭乗していましたが、宇宙ではリミッターが付けられ、一般兵士用に改良されました。

他には、ヤザン・ゲーブルも搭乗していて、ZガンダムやガンダムMk-Ⅱと交戦しています。

ロザミアバダムの歴代機体2:NRX-055 バウンド・ドック

ティターズの試作機で、可変型のモビルスーツです。

ニュータイプや強化人間専用機として設計されており、劇中ではロザミア・バダムのほか、ジュリド・メサなどが搭乗してします。

よく犬(ドッグ)のような姿をしているためバウンド・ドッグと勘違いされやすいです。

( ˘•ω•˘ )まぎらわしい!

ロザミアバダムの歴代機体3:MRX-010 サイコガンダムMk-Ⅱ

ロザミアが最後に搭乗した機体で、グリプス戦没末期に投入されたティターンズ所属のサイコガンダムの後継機です。

実験的に導入されたサイコガンダムの問題点を再設計し、ムラサメ研究所で開発が勧められた機体になります。

オーガスタ研究所出身のロザミア・バダムが搭乗した理由は、サイコガンダムがホンコンの街を襲撃したことにより、ムラサメ研究所の権力が弱体化したことや、ムラサメ研究所に強化人間のストックがなかったためとされているそうです。

(´・ω・)てか、顔がこわい。

ロザミアバダムの最期が壮絶!劇場版との違いも!

ロザミア・バダムの最期ですが、テレビ版Zガンダムでは48話「ロザミアの中で」になります。

アクシズ内で、サイコガンダムMk-Ⅱに搭乗したロザミア・バダム。

泣きながら兄を探すロザミアは、半ば錯乱したような状態でサイコガンダムMk-Ⅱのビームを乱射しながら、アーガマに突っ込んでいきます。

Zガンダムに搭乗したカミーユ・ビダンは、ロザミアの説得を試みるも静止することができません。

撃破する覚悟を決めるカミーユ。

Zガンダムが放ったビームライフルは、サイコガンダムMk-Ⅱのコクピックトを撃ちぬきます。

その衝撃で宇宙空間に放り出されたロザミア。

「見つけた、お兄ちゃん…」

という断末魔とともに最期を迎えます。

一方、劇場版では、ギャプランから脱出した後のエピソードがカットされているため、ロザミアの最期は不明となっています。

ただ、カミーユがパプテマス・シロッコとの最終決戦時には、テレビ版同様霊体として登場しています。

死亡したという見方が強いですが、ハッキリとしていないとも言えますね。

ロザミアバダムとフォウムラサメとの決定的な違いは?

ロザミア・バダムとフォウ・ムラサメとの決定的な違いは、カミーユ・ビダンの手によって最期を迎えたか否かです。

ロザミアもフォウも、同じ強化人間です。

しかし、フォウは、カミーユと互い思いあうことで、お互いに特別な存在になったわけです。

ですが、ロザミアはカミーユの妹であることの洗脳を受け、カミーユに近づいたもののカミーユと気持ちが通じることはなく、精神が崩壊したままカミーユの手によって最期を迎えてしまいます。

カミーユとしても、ロザミアもフォウ同様に、気持ちが通じればなんとかなる、心が通じる仲になりたいと考えていたのではないでしょうか。

(´;ω;`)どちらにしても悲しい最期です…!

ロザミアバダムがカミーユをお兄ちゃんと呼ぶ理由は?

ロザミア・バダムは、一年戦争時のコロニー落としが原因で心に大きな傷を残しています。

それが直接の原因かは不明です。

ロザミアは、地球連邦軍のオーガスタ研究所で強化人間としての調整を受け、非常に高い能力を持つ強化人間となる一方で、精神の崩壊が進んでしまいました。

その均衡を保つため「家族」という存在に頼ることになり、家族に関する虚偽の記憶を植え付ける処置が取られていました。

ティターンズは、作戦の一つとしてアーガマへの潜入を実行するため、ロザミアに対する措置を利用しました。

カミーユ・ビダンを兄と思い込むよう暗示をかけ、アーガマへの潜入任務を実行させたのです。

つまり、ロザミアがカミーユを兄と呼ぶ理由は、ティターンズが戦争の道具として利用する目的で、カミーユを兄と思い込むように洗脳したから、と言えるのですが、実は心のどこかで、カミーユの精神と繋がっていたのかもしれませんね。

ロザミアバダムとゲーツキャパとの関係とは?

ゲーツ・キャパは、ティターンズ所属の強化人間部隊のMSパイロットです。

同じ、強化人間としてロザミア・バタムの精神を操り、サイコガンダムMk-Ⅱにロザミアが搭乗した時には、ゲーツを兄と呼ぶように洗脳されていました。

また、ロザミアの精神を操るために、ロザミアとゲーツの精神面はお互いにリンクしていたため、ロザミアがZガンダムに撃墜された時に「お、お、お、あー!」と叫んだまま行方不明になり、そのままなのです。

精神が繋がったままの戦死は精神崩壊につながる、ということは、カミーユとシロッコの最期の伏線だったのかもしれませんね。

ロザミアバダムの歴代声優まとめ

ロザミア・バダムをテレビ版で演じたのは藤井佳代子さん、劇場版では浅川悠さんが演じています。

藤井さんは、テレビドラマなので活躍する一方、重戦機エルガイムで声優デビューを果たし、以降女優業とアニメ声優として活躍されています。

最近の映画では、ジョジョの奇妙な冒険ダイヤモンドは砕けない第1章に出演していますね。
アニメでは、機動戦時ガンダムZZでもエマリー・オンス役で出演されています。

一方、浅川さんは、テレビアニメや映画の吹き替え、ラジオのパーソナリティなど幅広く活躍されている声優さんで、アンパンマンでは初代ぽっぽちゃんを演じていますね。

ロザミア・バダムのまとめ!

ロザミア・バダムもまた一年戦争の犠牲者の一人です。

アムロとシャアの物語の原点である一年戦争では、多くの犠牲者を生み、それがこの機動戦士Zガンダムにも繋がっていると言えます。

そして、その犠牲者の中でも身体ではなく、心が壊れてしまいティターンズに良いように利用され、最期は兄と慕ったカミーユ・ビダンの手によって最期を迎えてしまった悲運のヒロインです。

劇中には多くのキャラクターが登場しますが、それぞれに物語がありました…。

ロザミアのように劇中では、精神が崩壊したキャラクターとして登場していたとしても、その背景には悲しい過去を抱えています。

いわゆる主要な目立つキャラクターだけでなく、サブキャラクターに焦点を当てて作品を見直すのもオススメですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン) , 2019 All Rights Reserved.