ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

東方不敗マスターアジアの名言まとめ!本名と声優名や宇宙人説も

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回、紹介するのは機動武闘伝Gガンダムに登場する東方不敗マスターアジアの名言セリフを紹介します。

東方不敗マスター・アジアは、流派東方不敗の開祖にして、主人公ドモン・カッシュの武術を教えた師匠として登場しドモンの最大の障害として立ちはだかります!

本文では、東方不敗マスターアジアの本名や声優名、そして東方不敗の宇宙人説まで検証しつつ、東方不敗の「技」も一覧でチェックしてみたいと思います。

ガンダムシリーズの中でも独特の世界観として知られる本作。

その中で最も独特なキャラクター東方不敗マスター・アジアの真実に少しでも触れることができればと思っています!

東方不敗マスターアジアの名言セリフまとめ!

それでは独断と偏見に満ちた(!?)東方不敗マスター・アジアの名言を5つ紹介します♪

東方不敗マスターアジアの名言その1「どうした‥男児たるもの何を泣き出す!」

機動武闘伝Gガンダム第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」での東方不敗マスター・アジアの名言です。

これは初登場のシーンで、ドモンが師匠である東方不敗マスター・アジアに会った時に、泣き出してしまったドモンに対する名言です。

師匠らしい弟子への一言ですね。

最初の「どうした‥」と発した時の感情は、自分に会えたことで泣き出した弟子を見て、驚いたという感情から出た一言ではないでしょうか?

東方不敗マスターアジアの名言その2「フッフッフ‥この雑魚どもが。ホザきよるわ」

機動武闘伝Gガンダム第16話「最強最悪!デビルガンダム現わる」での東方不敗マスター・アジアの名言です。

新生シャッフル同盟を雑魚扱いする東方不敗マスター・アジアの一言ですが、ここまでコケにすることができるということは、相当自分に自信があるということですね!

マスター・アジア「あまりの素晴らしさに言葉も出ないか! そうだ! ワシはほかの者と違って操られてなどはおらぬ! このデビルガンダムの強さに魅せられて! 自らその配下となったのだ!」

ドモン「そ…そんな!」

チボデー「なるほどねっ!」

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ「覚悟してもらおうか! マスター・アジア!」

マスター・アジア「ふっふっふっふっふっふ この雑魚どもが! ほざきおるわ!」

チボデー「シャーラーップ! 前回優勝者だかなんだか知らねぇが、決着を着けさせてもらうぜ!」

ドモン「待てっ! チボデー!」

チボデー「うぉらぁっ!! ホ… ホワット!!」

マスター・アジア「この身の程知らずが!!」

チボデー「のぉぉぉ!!」

マスター・アジア「さあ次々とかかってこんか!」

東方不敗マスターアジアの名言その3「戦いとは、ただいたずらに己の力量をぶつけるものに非ず。兵を用いるには9通りの杖と天地風水の流れあり」

機動武闘伝Gガンダム第17話「対決!謎の覆面ファイター」での東方不敗マスター・アジアの名言です。

流派東方不敗の兵法に則り、襲撃場所を選んでいる時の東方不敗マスター・アジアの独り言です。

よく、この回は三国志テイストと言われているようで、このような言葉の言い回しができるのも東方不敗マスター・アジアのキャラクターがあってこそですね!

その三国志テイストのセリフを他にも紹介してみます!

マスター・アジア「戦いとは詭道なり。策無く、おのが勢いのまま戦うは、敗れるきざしなり!」

ドモン「はぁ! マ、マスターガンダム! あれは師匠!」

マスター・アジア「兵法にいわく。 戦いとは正法と詭法の運用に過ぎず、水の流れのように極まりなく、ワシの姿がそこにあるがごとく、ドモンに見えるなり。」

ドモン「ししょぉ! どこへ消えた! あのガンダムは! 必ず探し出してやる!」

マスター・アジア「戦いは盲信をいましめとする。我が戦力を計り、敵状をはかる。それを考える事無く敵をあなどっている者は、敵の手に落ちるであろう。 ドモンはまさにそれなり。」

東方不敗マスターアジアの名言その4「だが心してかかれよ。このわしはシード選手として先にあそこで待っておる。そして貴様等全員を叩きのめし、東方不敗ではなく、真の王者、東!西!南!北!中央不敗!スーパーアジアとなってくれるわーッハハハ!」

機動武闘伝Gガンダム第25話「決勝開幕!ガンダムファイター大集合」での東方不敗マスター・アジアの名言です。

東西南北中央不敗ってなんだよ!ってツッコミを入れたくなってしまうような、言い回しが強烈な名言ですね!

王者として挑戦者を受け止める覚悟から、出てきたセリフだったのかもしれませんね。

東方不敗マスターアジアの名言その5「何をしておる! 自ら膝をつくなど! 勝負を捨てた者のする事ぞぉぉっ!! 立て!立ってみせぇぇい!!」

機動武闘伝Gガンダム第45話「さらば師匠!マスター・アジア、暁に死す」での東方不敗マスター・アジアの名言です。

弟子であるドモン・カッシュとの最終決戦の場で東方不敗マスター・アジアがドモンにかけた名言です。

本当にドモンを敵に回して殺そうとしていれば、このセリフは絶対に出てこないと思います。

弟子であるドモンに自分を超えて欲しいと心から願っている東方不敗マスターアジアの気持ちを荒らしている名言と言えるのではないでしょうか?

戦うこと、拳を交えることでしか真実を伝えることができない関係ですが、東方不敗マスター・アジアがドモンのことを自分の子供のように思っていたということでもありますね‥きっと。

東方不敗マスターアジアの本名とその名前の意外な由来とは!?

東方不敗マスター・アジアの本名は、シュウジ・クロスと言います。

元々は、ネオ・ジャパン代表のガンダムファイターで、ガンダムファイトに出場していたようです。

しかし第7回大会でDr.カオスの陰謀を知り、その企てをつぶすために奔走することになったことで決勝戦を放棄し、ネオジャパンを放逐され、ネオホンコンに辿りついたというわけです。

東方不敗は通称名ですが、由来は、武侠小説「秘曲笑傲江湖」(ひきょく しょうごうこう)に登場するキャラクターが東方不敗というらしく、これに由来するそうです。

ちなみにマスター・アジアの由来は、調べてみたのですが公式な見解がみつからず、これはあくまで個人的な見解ですが、アジアで最も強い(‥らしい)からマスター・アジアなのでは?と単純に考えてしまっています。

東方不敗マスターアジアの声優・秋元羊介さんのプロフィールをチェック

東方不敗マスター・アジアの声を担当したのは声優の秋元羊介さんです。

秋元さんは、1944年に東京都で生まれ、現在74歳です。

かつては時代劇や現代劇問わず、様々な作品に俳優として参加していて、宣弘社作品の常連であったという話もあるようです。

声優としての活動は、約30年以上前からアニメ作品に声優として参加していますが、秋元さん自身最も思入れのあるキャラクターとして東方不敗マスター・アジアの役を挙げているようです。

ちなみに「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」にも声優として参加し「ムサカ艦長」の声や、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」のシュタイナー隊長なども演じていますね!

東方不敗マスターアジアの宇宙人説を検証!

東方不敗マスター・アジアは、ゲーム作品で「宇宙人」として登場しています。

ガンダム作品のゲームに登場して宇宙人として扱われたのは東方不敗マスター・アジアだけではないでしょうか!?

その作品とは「新スーパーロボット大戦」で、この作品で「実は‥ダグ星系の異星人だった!?」という設定になっているようです。

では、なぜこのような設定になったのでしょうか?

ちょっと調べてみました!

事の発端は、東方不敗マスター・アジアが生身の体と腰布のみでモビルファイターを粉々に破壊できるという人間じゃない荒技ができることからのようです。

そこで本作での活躍にあるようにゲームの制作サイドは「あんなことできるのは人間じゃない」と異星人の設定をしたようです。

しかし原作サイドのプロデューサーは「宇宙人ではない!」と猛反対したそうですが、結果異星人の設定でゲーム作品が発売となったわけです。

しかし後日談として、シナリオ担当が異星人の設定を「面白い」と称したことを人づてに知って番組プロデューサーは「憑き物が取れた」と言ったとか言わないとか‥

東方不敗マスターアジアの馬の名前を紹介

東方不敗マスター・アジアは、白馬に乗っている印象って強くありませんか?

それでは東方不敗マスター・アジアの愛馬の名前を紹介します。

その名は「風雲再起」というそうです。

本編の後半から登場していますが、その正体は第12回ガンダムファイトの優勝景品として、東方不敗に送られた馬型兵器らしいですよ!

東方不敗マスターアジアの技を一覧でチェック!

東方不敗マスター・アジアは流派東方不敗の開祖ですから、その技の数も多いようです。

それでは東方不敗マスターアジアの技を調べてみましたので、一挙に紹介していきますね!

主な技

・王家・索命陰霊拳(おうけ・さめいいんれいけん)

・超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいけん)

・超級覇王聴演舞(ちょうきゅうはおうちょうえんぶ)

・劍覇千王気炎弾(けんはせんおうきえんだん)

掌法(フィンガー系)

・光輝唸掌(こうきおんしょう)

・灼熱サンシャインフィンガー

・ハートフルフィンガー

・クローンフィンガー

・ダークネスフィンガー

・ダークネスフィンガーショット

・ディスタントクラッシャー

刀類を使用する技

・シャイニングフィンガーソード

・ゴッドスラッシュタイフーン

布類を使用する技

・ハートクロス

・クローンクロス

・マスタークロス

・アンダーマスタークロス

・電撃布(エレクトリッククロス)

・回転布

脚技系

・背転脚(ゲームに登場)

・ニアクラッシャー(ゲームに登場)

奥義

・十二王方牌大車併(じゅうにおうほうぱいだいしゃへい)

・十二王方牌(じゅうにおうほうはい)(ゲームに登場)

・超級覇王日輪弾(ちょうきゅうはおうにちりんだん)

・酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ(すいぶ さいげんこうこデッドリーウェイブ)

・超級覇王電影弾(ちょうきゅうはおうでんえいだん)

・ゴッドウェイブ(ゲームに登場)

・石破天驚拳(せきはてんきょうけん)

その他

・究極石破天驚拳/石破究極天驚拳(ゲームに登場)

・ダブルダークネスフィンガー(爆熱究極拳)(ゲームに登場)

・風雲烈火(ゲームに登場)

と、いう具合にすごく技が多いことがわかりますね。

(東方不敗マスターアジアの名言セリフ、本名と声優名や宇宙人説のまとめ)

今回、東方不敗マスター・アジアの名言として、

・「どうした‥男児たるもの何を泣き出す!」

・「フッフッフ‥この雑魚どもが。ホザきよるわ」

・「戦いとは、ただいたずらに己の力量をぶつけるものに非ず。兵を用いるには9通りの杖と天地風水の流れあり」

・「だが心してかかれよ。このわしはシード選手として先にあそこで待っておる。そして貴様等全員を叩きのめし、東方不敗ではなく、真の王者、東!西!南!北!中央不敗!スーパーアジアとなってくれるわーッハハハ!」

・「何をしておる! 自ら膝をつくなど! 勝負を捨てた者のする事ぞぉぉっ!! 立て!立ってみせぇぇい!!」

の5つを紹介させてもらいました。

東方不敗マスター・アジアは、一見破茶滅茶なことばかり言っているように見えがちですが、その真実は、弟子であるドモンはじめとする若手の成長を心から願っている人物ではないでしょうか?

また愛馬の風雲再起がガンダムファイトの景品だったというのも意外でしたね!

風雲再起に跨ったマスターガンダムの格好良さは、ガンダムシリーズの中でも際立っているのではないでしょうか?

宇宙人説も東方不敗マスター・アジアの人間離れした技からモビルファイターすら素手で破壊してしまうところから「異星人」の設定になったというのも驚きです!

それでは、東方不敗マスターアジアが本心を感じ取るつもりで作品を見てみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM , 2019 All Rights Reserved.