ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン)

マリューラミアスの名言まとめ!ネックレス秘話や声優名とムウとのその後も

WRITER
 
ガンダムSEED マリューラミアス 名言
この記事を書いている人 - WRITER -

今回紹介するのは、機動戦士ガンダムSEEDに登場するマリュー・ラミアスとその名言です!

マリューといえば、作中では主にアークエンジェルの艦長を務める、ナイスバディで美しい顔立ちの女性として知られていますね(=゚ω゚)ノ

ただ、心優しい面があるため、軍人としての判断が必要な場面で情を優先してしまい、軍人の家系で生まれたナタルと対立している様子がたびたび描かれていました。

また、ムウとは恋人同士の関係ですが、その幸せをつかむまでにはたくさんの葛藤や障害もあったようですね(´・ω・`)

そこで今回は、そんなマリュー・ラミアスの名言を紹介するとともに、艦長としての活躍に隠された素顔やネックレス秘話についても迫っていきたいと思います!

マリューラミアスの名言セリフまとめ

マリューラミアスの名言セリフ1.「ここに地球軍の重要機密があり、あなた達はそれを見た。それが今のあなた達の現実です。」

機動戦士ガンダムSEED 第2話「その名はガンダム」でのマリュー・ラミアスの名言です。

ヘリオポリスへのザフトの襲撃を退け、キラ達学生はストライクのコックピットから負傷したマリューを救い出します。

しかしその瞬間、学生達はマリューに銃を突きつけられると同時に、連合の秘密を知ってしまったことから身の自由を拘束されてしまいます。

この名言は、マリューがヘリオポリスの学生に銃を突き付けた際に放ったセリフです。

マリュー:「事情はどうあれ軍の重要機密を見てしまったあなた方は、然るべき所と連絡が取れ、処置が決定するまで私と行動を共にしていただかざるを得ません。」

カズイ:「そんな!」

トール:「冗談じゃねぇよ!なんだよそりゃ!」

マリュー:「従ってもらいます!」

サイ:「僕たちはヘリオポリスの民間人ですよ?中立です!軍とかなんとかそんなの、なんの関係もないんです!」

トール:「そうだよ!大体なんて地球軍がヘリオポリスに居る訳さ!そっからしておかしいじゃねぇかよ!」

カズイ:「そうだよ!だからこんなことになったんだろ!?」

マリュー:「黙りなさい!何も知らない子供が!中立だと関係ないと言ってさえいれば、今でもまだ無関係でいられる。まさか本当にそう思っている訳じゃないでしょう?ここに地球軍の重要機密があり、あなた達はそれを見た。それが今のあなた達の現実です。」

出典:機動戦士ガンダムSEED 第2話「その名はガンダム」より

学生たちは、ヘリオポリスが中立のコロニーであったことから軍の機密兵器が開発、運搬されていることに懐疑的でした。

しかし戦争をしている現実と、不本意ながらもそれを見てしまったことへの責をマリューは説きます。

この流れが今後キラ達がアークエンジェルに乗艦する契機となり、また戦争の渦中で命のやりとりが行われる起点となりました。

とは言え、それまで気弱な態度を見せていたキラが唯一マリューに毅然とした眼差しを向けていたのは、とても主人公らしかったですね(`・ω・´)

マリューラミアスの名言セリフ2.「また、会えるといいわね。戦場でないどこかで。」

機動戦士ガンダムSEED 第34話「まなざしの先」でのマリュー・ラミアスの名言です。

軍本部からの命令で、アークエンジェルを降りることになったナタルとの別れ際にマリューが発したセリフです。

ナタル:「では、艦長。」

マリュー:「今までありがとう。バジルール中尉。」

ナタル:「いえ。」

マリュー:「また、会えるといいわね。戦場でないどこかで。」

ナタル:「終戦となれば、可能でしょう。」

出典:機動戦士ガンダムSEED 第34話「まなざしの先」より

これからの行先が正反対になった二人の間で交わされた言葉でした。

次に会うときは戦争の終わった世界であることを願う2人でしたが、その後最悪な状況での再会を果たすことになります(´つω・。)

規約を破ることは許さない根っからの軍人気質であるナタルと、情に厚くナタルとは正反対のマリュー。

2人は意見の食い違いから衝突することが多々ありましたが、戦争から解放された世界でどのような関係になっていたのか見てみたかった気もします…。

マリューラミアスの名言セリフ3.「小さくとも強い灯は消えぬと、私達も信じております。」

機動戦士ガンダムSEED 第40話「暁の宇宙へ」でのマリュー・ラミアスの名言です。

地球軍からの襲撃が目前に迫るオーブ。

カガリの父親でありオーブの代表であるウズミ・ナラ・アスハは、アークエンジェルを宇宙に脱出させる事を決意します。

そして戦争を止めたいという意思をマリューらに託し、過酷な道を歩ませることを憂うウズミに対し、マリューは答えます。

ウズミ:「このまま進めば、世界はやがて、認めぬ者同士が際限なく争うばかりのものとなろう。そんなもので良いか!?君達の未来は。別の未来を知る者なら、今ここにある小さな灯を抱いて、そこへ向かえ。またも過酷な道だが、解ってもらえような?マリュー・ラミアス。」

マリュー:「小さくとも強い灯は消えぬと、私達も信じております。」

ウズミ:「では、急ぎ準備を。」

マリュー:「は!」

出典:機動戦士ガンダムSEED 第40話「暁の宇宙へ」より

アークエンジェルは連合やザフトと比較しても遥かに小さい戦力でしたが、灯が小さくとも未来への希望は強く生き続けるとマリューは返します。

このセリフを受け止めた後、ウズミ代表が炎に包まれながら我が子であるカガリとアークエンジェルを見届ける姿はかなり印象に残るシーンでしたね。

マリューラミアスの名言セリフ4.「あとで間違えだと解ったら、その時はその時で泣いて怒って、そしたらまた次を考えます。」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話「ジャンクション」でのマリュー・ラミアスの名言です。

ミネルバがオーブに立ち寄って修理と補給をうける際、マリューはマリアという偽名を名乗り、オーブの作業員に扮して活動していました。

この名言は、オーブに寄港していたミネルバの艦長、タリア・グラディスとの会話で登場したセリフです。

タリア:「いつだってそうだけど、まあ先のことは分からないわ。今は特にって感じだけど。」

マリュー:「そうですわね。」

タリア:「ほんとはオーブもこうやってザフト艦の修理になんか手を貸していられる場合じゃないんじゃないの?」

マリュー:「まぁそうかもしれませんけど、でも同じですわ。」

タリア:「?」

マリュー:「やっぱり先のことは分かりませんので、私達も今は、今思って信じたことをするしかないですから。」

タリア:「ふふ。」

マリュー:「あとで間違えだと解ったら、その時はその時で泣いて怒って、そしたらまた次を考えます。」

タリア:「ま、そうね。」

出典:機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第8話「ジャンクション」より

2人はこれから先どうなるかという話をしていましたが、再びザフトと連合が戦い始めため、一寸先は分からないとタリアは話します。

しかしマリューは、「先の大戦でも同じだったように、先のことは分からなくとも今自分の信じたことを頼りに行動を起こすことが最善であると信じている」ことを伝えます。

一時的とは言え戦線を離れていてもマリューの信念は変わらず、この言葉はタリアに何らかの助言になったのではないでしょうか。

また、後に艦長同士戦い合うことになりますが、全ての回を見た後に再びこのシーンを見ると互いに女性でありながら良い艦長であったことが伝わりますね(*´・ω・)´-ω-) ウンウン

マリューラミアスの名言セリフ5.「貴方はムウじゃない。ムウじゃないんでしょ?」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第42話「自由と正義と」でのマリュー・ラミアスの名言です。

当時ネオとして生きていたムウの怪我が回復したころ、マリューはムウにスカイグラスパーを渡しアークエンジェルから離れるよう言います。

しかしこれは本心ではなく、マリューは生きて再会するも記憶は無く敵兵になってしまったムウに涙を流しながらこのセリフを放ちます。

ネオ:「何だ?どういうことだよ?」

マリュー:「もう怪我も治ったでしょ?ここにいるとまた怪我するわよ。」

ネオ:「あん?」

マリュー:「スカイグラスパー、戦闘機だけど用意したから、行って。」

ネオ:「ぇ…」

マリュー:「ぅ…」

ネオ:「ぁ…」

マリュー:「貴方はムウじゃない。ムウじゃないんでしょ?」

出典:機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第42話「自由と正義と」より

切ないセリフですね…(´;ω;`)ウゥゥ

自分の知っていたムウは居ないという事実を受け入れたくても受け入れられない、そんなマリューの苦しみが伝わってきますね。

この後、アークエンジェルを降ろされたムウでしたが、戦場の中でミネルバに一撃を加えた後被弾し、再びアークエンジェルへ着艦します。

そして夕暮の中、甲板で一人でいるムウに話しかけるマリュー。

ムウは着艦の際に記憶の一部がフラッシュバックし、マリューのことを身体が知っていると話し、それを聞いたマリューはネオの中にムウが残っていると確信したように涙を流します。

大切な人が自分の傍にいてくれることへの想いは何物にも替えがたいものですね。

マリューラミアスのネックレス秘話を調べてみた☆

マリュー・ラミアスがいつも身に着けている薔薇のネックレス。

作中では、とても大切そうに持っている姿が描写されていましたが、このネックレス、実はロケットになっているようです。

そしてこの画像をよく見てみると、ロケットの裏に『R.I.P』と彫られているように見えますね。

恐らくマリューが物憂げに見つめているのは今は亡き大切な人の写真なのでしょう。

ロケットの中の人物が誰なのか…気になるところではありますが、残念ながら作中ではその姿を確認することはできませんでした。

しかし、機動戦士ガンダムSEED 第48話「怒りの日」でマリューと、マリューのネックレスを手に取ったムウがこんな会話をしている場面があります。

フラガ:「モビルアーマー乗り?だった?」

マリュー:「ぇ…ええ。」

フラガ:「大丈夫。俺は直ぐに戻って来るさ。勝利と共にね。」

この会話から、過去にマリューが口にしていた『モビルアーマー乗り』がロケットの中の人物と関係があることがわかりますね。

この人物に関して、視聴者の間では「元恋人だろう」という意見が多いようですが、中には「マリューさんのお父さんかもしれない」と考えている方もいるようです。

公式による明言はありませんでしたが、好意を寄せているムウと重ねてしまうという事は、やはりロケットの中身はマリューの元恋人なのかもしれませんね。

マリューラミアスの声優・三石琴乃の経歴と代表作をチェック!

マリュー・ラミアスの声を担当しているのは、声優でありナレーターとしても活躍されている三石琴乃さんです。

マリューさんと同じく、綺麗で可愛らしい女性ですよね!

三石さんは機動戦士ガンダムSEEDではマリューの他にエザリア・ジュールミリアリアの母ハロナレーターも担当されています。

同じ作品でもこんなにたくさんのキャラクターを演じ分けられる声優さんは、やはりすごいですね(`・ω・´)

そんな三石さんの代表作といえば

・美少女戦士セーラームーン…月野ウサギ/セーラームーン

・新世紀エヴァンゲリオン…葛城ミサト

・GTO…神崎麗美

・ドラえもん(2005年~)…野比玉子

・ONE PIECE…ボア・ハンコック

など、様々な人気作品に出演されています。

また、ガンダムシリーズでは機動戦士ガンダムSEEDのキャラクターの他に

・機動新世紀ガンダムX…トニヤ・マーム

・ガンダムビルドファイターズ…イオリ・リン子

の声を担当されています。

またアニメ以外ではバラエティ番組でも三石さんの声を聞く機会も多く、活躍の広さが伺えます。

今後どこで三石さんの声が聞けるのか楽しみになりますよね!

マリューラミアスとムウの恋人関係とその後の生涯!

機動戦士ガンダムSEEDは様々な人間模様が渦巻く作品となっていましたが、その中の1つにマリューとムウの大人な恋愛模様がありました。

マリューにとってムウは最初、経験の豊富な男性軍人として艦の守備や作戦の内容等の手助けをしてくれる存在でした。

それまで辛い思い出から「モビルアーマー乗りは嫌い」と言っていたマリューでしたが、戦況が移り変わり精神的にも不安定になる中で、いつの間にかムウが心の支えとなっていきます。

そして地球連合軍を見限った後も彼はマリューの下に残り彼女と共に戦う決意をし、最終的にマリュー達は恋人同士となりました。

しかし悲しいことに、ヤキンドゥーエの戦いでムウはマリューの搭乗するアークエンジェルを守って行方不明となってしまいます。

この時に戦死したと思われていたムウでしたが、それから約2年間の空白期間を経てベルリンで再会を果たしますが、この時のムウにはネオいう別人としての記憶しかありませんでした。

その事実を受け入れることができず苦悩するマリューでしたが、オーブ沖の戦いから徐々にムウの記憶が断片的に回復し、マリューとムウの関係も少しずつ回復しつつありました。

そしてメサイア攻防戦の最中に完全にムウとしての記憶を取り戻し二人で無事に終戦を迎えることとなります。

終戦後は、夕暮れ時のアスハ邸のテラスで一緒に並ぶ2人の姿が描かれていました。

結婚したような具体的なことが確認できる描写はありませんでしたが、戦いの無い平和な世界で二人が微笑み合っているシーンを見るとハッピーエンドを迎えたことが想像できますね(^-^)

マリューラミアスって強い!強さに隠された素顔も!

インターネットで名前を検索をすると、「有能な艦長ランキング」の上位3位に入るマリュー・ラミアスですが、優しく情に厚い彼女の強さは艦長としての強さだけではないようです。

ここからは、そんなマリューの強さとその裏に隠された素顔に迫っていきたいと思います!

物語開始時のマリューは地球連合軍の女性士官でした。

階級は大尉で、当時は技術士官として大西洋連邦の研究所でPS(フェイズシフト)装甲の開発に携わっていたようです。

ちなみに、大尉と言えば佐官の下の階級にあたるのですが、機動戦士ガンダムのランバ・ラル、逆襲のシャア時のアムロ・レイ、機動戦士ガンダム00のグラハム・エーカーなど、エースパイロットに多く見られる階級ですね。

そんな優秀な士官であったマリューですが、最初からアークエンジェルの艦長であった訳ではありませんでした。

元々は副長という立場でしたが、ザフトのヘリオポリス襲撃がきっかけで艦長を含むブリッジに居た船員ほとんどを失ってしまったために突然艦長を任されることになったのでした。

それからは数々の戦場での経験を経て、最終的にはオーブ連合首長国の一等海佐として認められるまでになりました。

(´・ω・)ガンダムシリーズにおいて艦長を務めるのは佐官が多い中、ムウやナタルのサポート受けていたとは言え、大尉で艦長を任されたマリューさんのプレッシャーは計り知れませんね…。

また、マリューは艦長としての責務がメインでしたが、実は生身に拳銃1丁で赤服部隊や暗殺部隊と対等以上に遣り合えるほどの身体能力を持ち合わせています。

さらに監督である福田さん曰く「銃の腕も一流」だそうで、視聴者の間では白兵戦ではアスラン以外敵なしとも言われているみたいですね。

作品を振り返ってみると、彼女はどんな逆境の中でも自分の信じる道を貫き、続編でも再び戦争を失くす為に行動するなど強いメンタルのもと活躍していました。

ただ、そんなマリューさんですが、一人の女性として脆い部分を覗かせる場面もありました。

例えば、過去に失くしてしまったモビルアーマー乗りを思い出していた時やムウを失くした時、そして死んだはずのムウがネオとして生きているのが分かったときなどですね。

いつもクルーの前では気丈に振舞っていましたが、1人で居る場面では思い詰めている様子が描写されていましたね。

また、キラに対しても軍人ではなく1人の人間として接している様子が垣間見えるなど、心根の優しい人物であることが分かります。

その優しさと艦長としての使命の間で葛藤する姿もまた人間味にあふれ、見ている視聴者を惹きつける女性艦長となったのでしょうね(´ェ`)

マリューラミアスの名言、また、ネックレス秘話やムウとのその後まとめ

今回は、マリュー・ラミアスの名言として

・「ここに地球軍の重要機密があり、あなた達はそれを見た。それが今のあなた達の現実です。」

・「また、会えるといいわね。戦場でないどこかで。」

・「小さくとも強い灯は消えぬと、私達も信じております。」

・「あとで間違えだと解ったら、その時はその時で泣いて怒って、そしたらまた次を考えます。」

・「貴方はムウじゃない。ムウじゃないんでしょ?」

の5つのセリフを紹介しました。

マリューは他の若い搭乗人物と違い、名言の中にも何か大人としての毅然とした物言いが多いように取れるキャラクターでした。

艦長としての立ち回りや一人の女性としてのムウとのラブロマンスも視聴者には印象的なシーンが多かったと思います。

一方では情に厚く、1人の人間としての優しくも厳しい姿や、過去の恋人の喪失を乗り越えて新しい人生を歩んでいこうという決意のもと大人の女性としての強さも描かれていましたね!

機動戦士ガンダムSEEDを通して、そしてガンダムシリーズを通して見ても、ファンの中で名艦長としてその名を馳せてきたことは、これらの活躍あってのことでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン) , 2019 All Rights Reserved.