にけ・にっけるの地球がダメになるかならないか的なブログ

やってみる価値ありますぜ!

アニメ

逆シャアのナナイの名言・名ゼリフのまとめ!その後の人生についても!

投稿日:

 

どうも!にけ・にっけるです。

逆襲のシャアを酒楽隊(というサークル)のメンバーと話していると必ず出てくる話題が、「ナナイとチェーンどっち派なのか?」ですが、私は最初はチェーン派でしたが、いまではすっかりナナイ派です!ばぶぅー!!

いっしょにブランデー片手に作戦会議したいですよね~☆

 

職場でいちばんえらい立場になって、秘書と会議…男の夢ですね

(ごめんなさいもうしませんしたことありません)

 

というわけで、今回は逆シャアでもっともセクシーな女性ナナイ・ミゲルのについてまとめてみたいと思います。

 

 

逆襲のシャアとは

ナナイ・ミゲルが登場するのは、ガンダムシリーズの中でも最高傑作と(私の中で)呼び声の高い「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」です。

 

通称「逆シャア」と言われるこの作品は、劇場公開用の映画として製作され、1988年3月12日(土)に松竹系で公開されています。

 

監督したのは、もちろんガンダムの生みの親である富野由悠季監督です。私が初めてちゃんと見たガンダムがこの作品でした。

 

あらすじとしては「ファースト」と言われている「機動戦士ガンダム」から14年後の宇宙世紀0093が舞台となっていて、アムロ・レイとシャア・アズナブルの最後の戦いを描いており、ガンダム作品のひとつの区切りとなる作品でもあります。

 

なんだかんだでネオジオンに出戻ったシャアが、ついに地球人と地球連邦政府にブチ切れます。地球に隕石を落として、無理やり地球に住む人を宇宙に追い立てようとします。それをブライトやアムロたちが、いやそれはやりすぎだよ、だめだよって止める話です。

 

地球連邦政府の高官の娘クエスとブライトの息子ハサウェイの出会いがあったり、ブライト率いる独立部隊ロンドベルとネオジオンの命を懸けた戦いがあったり、アムロとシャアのニュータイプ能力全開のぶつかり合いなど戦記物としても見ごたえのある作品です☆ モビルスーツもかっこいいのが多いよ!

 

宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…」という当時のキャッチコピーからも、ああこれでガンダムが終わるんだな~(終わるとは言ってない)とわかりますね!

※以上、自サイトよりほぼコピペ




 

ナナイ・ミゲルってどんな人物?

ナナイ・ミゲルは「逆シャア 」では、ネオジオン側の人物として登場します。

シャアと男女の関係で、いろんな肩書を持っていて、階級は大尉だけど、ネオジオン軍部内ではなんか力持ってそうな感じです

ブロンドの髪で、スタイル抜群、まるでモデルさんか、ハリウッド女優って感じの容姿。

富野監督の狙いとしては「シャアが抱きついても恥ずかしくない女」だったらしい。

 

声優は榊原良子さんが演じています。

マウアー・ファラオ、ハマーン・カーンと、富野監督のガンダム作品に欠かせない方です。

ポケ戦でもチョイ役で出演されていますね☆

 

劇中でのギュネイのセリフで人物のプロフィールが紹介されていました。

「大佐に取り入ってニュータイプ研究所所長と戦術士官の地位を手に入れた女」

 

シャアの彼女だけあって、ニュータイプ能力や指揮能力が高く、盲目的にシャアに心を寄せています。

シャアが「母」を求めているのをわかっていて、その役目を演じていたのかもしれませんね。

 

モビルスーツに搭乗して戦う人ではなく、艦船に搭乗し、後方から全体を見渡しながらシャアを支援しています。

なんとなくミライさん的な感じもしますが、ミライさんより影のある感じが好きですね!

言う事聞かない若い子には、ビンタをお見舞いするほど、厳しい一面も…(個人的な感情も見え隠れしますが)

 

また、ナナイは、シャアとアムロが最後の激突をしているさなか、思念を割り込ませますが、シャアに一喝されてしまいます。

その一瞬で、シャアの意思が、個人的な感情に支配されていることに勘付いていましたね。

 

逆シャアに関しては、後付けでいろんなエピソードが作られているので、なんとも言えませんが、サイコフレームの開発にも携わったという情報もあります。

 

ともあれ、ナナイ・ミゲルは逆シャアにおいて、かなり重要な人物なのです。




ナナイの名言・心に残るセリフなどをまとめてみた!

逆シャアの劇中でのナナイの名言、心に残ったセリフをまとめてみました。

 

☆ナナイのファンネル講座

ナナイ 「はい、クェスの脳波とサイコミュとの連動は完璧です。クェス、ターゲットはわかりますね?」
クェス 「はい」
ナナイ 「あとはファンネルが自動的に進入します」
クェス 「はい」
ナナイ 「ファンネル放出」
クェス 「はい」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

ナナイがクェスにファンネルの使い方を教えるやりとりです。

ナナイ単体のセリフではありませんが、好きな場面です☆

学生時代にこんな先生に教えてもらいたかったです(切実)

 

☆シャアが退室すると態度が急変するナナイさん

スイートウォーターでのシャアとの一夜。

お酒を片手に語らうシャアとナナイ。

でもシャアはなんだか上の空。ナナイさんがおこです(#゚Д゚)

「ジオン・ダイクンの名前を受け継ぐ覚悟が、大佐を変えたと思いたいが。くそっ! あんな小娘に気を取られて」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

シャアと話しているときは、甘ったるく優しい女性を演じていたけど、いなくなった途端に男言葉で喋りだします。

こういうところがグッと惹かれますね~☆

あんな小娘とはクェスのことだと思うけど、もしかしてララァを感じ取っていたのでしょうか!?

ココも気になるポイントですね。

 

☆ちょっと拗ねてみせるけど、なんだかんだ冷徹…からのばぶみナナイさん

 

クェスにビンタをかまして、ヤクドドーガで飛び出したクェスでしたが、ちゃっかりシャアといっしょにサザビーのコクピットに収まって帰ってきました。

そりゃあナナイさんも(#^ω^)ピキピキってなりますよね~こわいこわい

 

「実戦テストをクェスにやらせばよいでしょう」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

ここの榊原良子さんの声の演技が素晴らしかったです☆

うわ~怒ってる!感じ全開なのに、「意地悪い言いように聞こえるな!」とシャアは上からかぶせています。

さすがシャア大佐・・・(;・∀・)

 

だけどまだナナイのターン!

「ギュネイは、クェスを大佐に取られると過剰に反応しています。クェスと一緒にして前に出した方が、彼の能力を発揮します」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

さも作戦のように、クェスを引き離しにかかるナナイさん可愛い。

ギュネイ的には「やったぜ!」ですが、なんだか中学生の恋愛のような…男はいつまでも少年なのですね。

 

「シャア・アズナブル、いえ、キャスバル・ダイクンでいらっしゃりたいから疲れるのですか?」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

「私は誰よりもあなたを理解しています♡」ということでしょうね。

なのに、シャアの心はずっとララァに向いている。

ニュータイプなのに、心はずっと、すれ違い宇宙…悲しいね。

 

☆さらっと無茶振りしてくるナナイさん

 

最終決戦を目前に、ナナイさんがシャア大佐にさらっと無茶振りしてきます。

 

「大佐、もうお止めしませんが、アムロを倒したら?」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

かつてはたった一人でジオン公国軍の中で、復讐を果たしたシャア。

どんなにピンチな状態からでも生存してきたシャア。

やればできる子だということをナナイは知っているんですね、きっと。

というか、モビルスーツで戦わないで、得意技の仲間のふりして近づいて、プスっとやっちゃいなよ!ってことかもしれません。

 

☆シャアの死が近づくのを感じ取るナナイさん

 

ここまで冷静、冷徹を貫いてきたナナイさんも、シャアの命が消えかかる感覚を感じ取り、取り乱してしまいます。

「大佐の命が、吸われていきます…!」

出典:「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」より

 

明らかに様子がおかしくなるナナイさんに、周囲がどれだけ動揺したことでしょう。

人の意思をサイコフレームが集めたのだとしたら、その奇跡の代償は、アムロとシャアの命だった、ということになるのでしょうか。

ナナイさんが感情的になってしまい、口走ったこのセリフは、映像ととも心に残ったナナイさんのセリフですね☆

シャアのこと、本当に好きだったんだな~って思いました。




シャアの反乱のあとのナナイさんはどうなった?

逆シャアで描かれたシャアの反乱は、連邦軍の援護もあり、ロンドベルの勝利に終わったかのように見えます。

ということは、残ったネオジオンの士官たちは投降したのでしょうか。

一部は退却して、後のジオン残党軍になっているかもしれません。

 

ですが、シャアを失ったナナイさんはどうなったのでしょうか。

ウィキペディアにはこんな記述がありました。

 

書籍『ガンダムMSグラフィカ』では、宇宙世紀0095年にナナイの遺品を引き取りにきた母と思われる老女が登場。

 

ナナイの遺骨とな!?

しかもシャアの反乱からたった2年しか経っていません。

連邦軍の捕虜となって、裁判の後に処刑された…ということも考えられますね。

 

劇場版だと、「レウルーラを追えばいい!」というセリフがあり、小説の「逆シャア」だと、レウルーラが1隻だけスイートウォーターに帰還しようとしていました。

ナナイが乗ったレウルーラが、戦闘宙域を離脱している可能性がありますね。

 

いずれにしても、シャアの反乱以後、とくに作品にも登場していないところをみると、長生きはしてなさそうですよね。

せっかくの美人が…もったいないことです…(´;ω;`)

 

というわけで、今回はナナイ・ミゲルについてまとめてきました。

ナナイから見たシャアを考えると、ナナイという女性の可愛さ、いじらしさも見えてきますね。

ステレオタイプな女性キャラではなく、母を演じつつも、男としてシャアを見つめる眼差しも描かれていて、興味がつきないキャラクターです。

私としてはガンダム作品でトップ10に入るくらい好きな人物ですね☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-アニメ
-

Copyright© やってみる価値ありますぜ! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.