ガンダムの名言と考察をわかりやすく紹介します

BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン)

キシリアザビの名言まとめ!オリジンとの違いや死亡回と歴代声優も

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回、紹介するのは機動戦士ガンダムでジオン公国軍の司令官として登場したキシリア・ザビ少将とその名言です。

キシリアは、デギン公王の長女でギレンやドズルの妹で、金のエンブレムを施したヘルメットと紫を基調とした特製の軍服が特徴のキャラクターです。

劇中では、末弟のガルマには優しく接して都合よく利用しようとする一方、ギレンやドズルとは兄弟でありながら対立関係に合ったことも特徴のキャラクターでもありますね。

本文では、名言を中心に「「THE ORIGIN」」とのキャラ設定の違いや歴代声優をチェックしていきましょう!

そして、その意外な最期や異性関係なども調べてみました!

キシリアザビの名言まとめ!

それでは、キシリア・ザビの名言をチェックしていきましょう。

キシリアザビの名言その1「構いません。なによりも国家機密が優先します」

機動戦士ガンダム第18話「灼熱のアッザム・リーダー」でのキシリア・ザビの名言です。

鉱山基地をアムロたちに見つかり襲撃を受け、基地での攻防戦に敗戦が濃厚になった時にキシリアがマ・クベに対して「これまでのようですね。機密保持のため、基地を爆破しなさい!」と命じます。

キシリア 「これまでのようですね。機密保持の為、基地を爆破しなさい」
マ・クベ 「は、しかし、あそこにはまだ兵士どもがおりますが」
キシリア 「構いません。なによりも国家機密が優先します」
マ・クベ 「は、承知いたしました」

それに対してマ・クベも「は!しかし、あそこにはまだ兵士どもがおります」とキシリアに具申するも全く聞く耳を持たないキシリアの非道さが伝わる名言ですね。

キシリアザビの名言その2「おふざけでない!」

機動戦士ガンダム第24話「迫撃!トリプル・ドム」でのキシリア・ザビの名言です。

部下に対して修正を加えるキシリアは、この名言とともに部下の頬にビンタを一発!

セイラ・マスのビンタも強烈だけど、キシリアのビンタも強烈そうです

キシリア 「おふざけでない。まったく問題にならぬプランです。地球連邦軍の包囲の中からマ・クベはどれだけ貴重な資源を送り届けてくれたか、お忘れか?モビルアーマーの実用化もすべて」
ジオン将校A 「おそれながら、それでありましては軍の権威が…」
キシリア 「男子の面子、軍の権威、それが傷つけられてもジオンが勝利すればよろしい。その上であなたの面子も立ててあげましょう。地球での白兵戦用のモビルスーツはシャア中佐にまわす手立てをつけなさい」

キシリアザビの名言その3「意外と、兄上も甘いようで。」

機動戦士ガンダム第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」でのキシリア・ザビの名言です。

デギンがギレンに暗殺されたことに激怒したキシリアがギレンを銃殺する直前に放った名言です。

ギレンを撃ったことで、全てのジオン軍の運命の歯車が狂い始めることを考えるとキシリアの行動がどれだけ軽率であったのかがわかるような気がします。

ギレン:「フフ、Nフィールドはドロスの隊で支えきれそうだ」
キシリア:「結構なことで」
ギレン:「ん?」
キシリア:「グレートデギンには父が乗っていた、その上で連邦軍と共に。なぜです?」
ギレン:「やむを得んだろう。タイミングずれの和平工作がなんになるか?」
キシリア:「死なすことはありませんでしたな、総帥・・・」
ギレン:「ふん、冗談はよせ」
キシリア:「意外と兄上も甘いようで」
ギレン:「うっ!」

キシリアザビの名言その4「敵を引き込め!ア・バオア・クーでしらみつぶしにしろ!残った敵の数、決して多くない!」

機動戦士ガンダム第42話「宇宙要塞ア・バオア・クー」でのキシリアの名言です。

ギレン・ザビを殺害後、キシリアはジオン軍の総司令に就きます。

総司令着任後、最初で最後のキシリアの勇姿となるのです。

ギレン総帥の政治力の高さとカリスマ性の高さを思い知らされる結果になってしまったということでしょうね。

キシリア:「しかし、ゲルググ、ドムの動きが目立たないのはどういう訳だ?トワニング」
トワニング:「は、が、学徒動員のパイロットが多いようですから」
キシリア:「学生か」
トワニング:「しかし、養成は万全でありました!」
キシリア:「ふむ・・・話は信じるが、戦果だけが問題なのでな。もろ過ぎるようだ」
トワニング:「申し訳ありません。しかし、彼らの救国の志は・・・」
キシリア:「総帥がニュータイプにもっと早くお気付きであればな、敵を引き込め、ア・バオア・クーでしらみつぶしにしろ。残った敵の数、決して多くはない」

キシリアザビの名言その5「赤い彗星も地に落ちたものだな」

機動戦士ガンダム第43話「脱出」でのキシリア・ザビの名言です。

これはシャア・アズナブルが操るジオングの識別信号が途切れたとの報告を受けた時のキシリア・ザビの一言です。

しかしこのセリフを聞く限り、キシリアには戦局を読む力は意外にも高くなかったことを裏付けてしまうのではないでしょうか?

だって戦局は悪化、配線濃厚の中でシャアの識別信号が途切れたことで、シャアを下に見下した感じがしていますので、本当に戦局を読んでいたならば、こんな一言出てこないような気がしてなりません。

ジオン兵A「ジオング撃墜。識別信号解除」

キシリア「赤い彗星も地に落ちたものだな」

キシリアザビのオリジンとのキャラ設定の違いとは!?

機動戦士ガンダムのアニメ版と「「THE ORIGIN」」に登場するキシリア・ザビとでは、随分とキャラの設定が異なりすぎていたので、ちょっと驚きましたね。

機動戦士ガンダムでは、ギレン・ザビと同じく政治的な力で人を見ている人物であるものの、ガルマの葬儀に出ようとしないデギンに労わりの言葉をかけ、また、ギレンが父デギンを暗殺したことを知った時には激怒するなど家族愛を持っている人物でしたよね。

その一方、「THE ORIGIN」では、ジオン黎明期から政争に明け暮れる冷酷非情な野心家として描かれ、ザビ家に関わった陰謀の黒幕とも言われています。

また、「THE ORIGIN」では、キシリア機関と呼ばれる独自の諜報機関を指揮し、ジオン軍内部の綱紀粛正を行なっていたため将校からも恐れられる存在だったようです。

機動戦士ガンダムのアニメ版では、家族に対する愛情など人としての情があるものの、「「THE ORIGIN」」では全く、その「情」というものがないというのが大きな違いということになると思います。

キシリアザビの意外な最後!死亡回をチェック!

機動戦士ガンダムのアニメ版でのキシリア・ザビの最後は、自分が巻いた種が原因で訪れたと言ってもいいのではないでしょうか??

それはギレンが、父デギンを暗殺したことで、その報復のためギレンを射殺します。

しかし、このギレン殺害が引き金となってジオン軍内の指揮系統は混乱してしまいます。

基幹部隊の壊滅、デラーズ艦隊の戦線離脱など様々な防衛線が崩壊し、ジオン軍の敗戦が濃厚となったのです。

敗戦が濃厚になったことで、ザンジバル級機動巡洋艦で脱出を図ったキシリアですが、発信直前にシャアがブリッジに放ったバズーカ砲の直撃によって死亡しています。

キシリアは、ジオングに乗ったシャアの識別信号が途絶したと報告を受けていたので、シャアが戦死したと思っていたようでしたね。

そんなシャアからバズーカ砲を構えられるわけですから、驚愕の表情を浮かべてしまいますね。

キシリアは自らがギレンを暗殺したことでジオン軍全体が乱れ、敗戦が濃厚になったため逃げようとしたところ、死んだと思っていたシャアに殺されたわけです。

戦局を見極める力と冷静さがあれば、ジオン軍が敗戦すること、そして自分が殺されることはなかったのではないでしょうか?

キシリアザビの歴代声優をチェック!

これまでキシリア・ザビの声を担当した声優は3人いるようです。

まず機動戦士ガンダムのテレビ版や劇場版で声を担当したのが、声優の小山茉美さんです。

小山さんは元祖アイドル的な声優さんで、キシリアのようにきついお姉様キャラを演じる一方で、Drスランプアラレちゃんの則巻アラレやキテレツ大百科のコロ助など役の幅が広いことで知られているようです。

ちなみに結婚歴があり相手は、なんとアムロ・レイ!ではなく声を担当した古谷徹さんだそうですよ!

アムロとキシリアが結婚と考えると感慨深い(?)ですね。

THE ORIGIN」でキシリアの声を担当したのは、声優の渡辺明乃さんです。

渡辺さんは、生粋のスーパロボット大戦のファンとしても有名らしく、コードギアスがスパロボに参戦したことで、声を担当したヴィレッタ・ヌゥでスパロボに念願叶って出演しているようです。

最後にガンダムさんでキシリアの声を担当したのは、少年少女など子供の声を演じることが多い広橋涼さんです。

広橋さんは機動戦士ガンダムUCで「ハロ」の声も担当しているそうです!

キシリアザビの意外な男性関係は?

キシリア・ザビの異性関係をチェックしてみました!

ただ、機動戦士ガンダムでは異性関係を匂わせる描写は見つけることはできませんでしたが、「THE ORIGIN」や小説版ではキシリアの異性関係を匂わせる描写があるようです。

THE ORIGIN」では、35歳という年齢設定で、性格も冷酷非情で野心家な面が全面に出ていますが、異性関係はかなり奔放だったようです。

また、小説版では、幼き日のキャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)を見て

「自分も金髪碧眼の男性と結婚し、こういう子供を授かってみたい」

という心境も描写されています。

THE ORIGIN」と小説版のキシリアではキャラ設定が異なるため、何とも言えませんが、異性関係に奔放な女性より理想を追いかけている女性に魅力を感じてしますのは、私だけでしょうか?

キシリアザビの名言、オリジンとの違いや死亡回、歴代声優のまとめ

今回は、キシリア・ザビの名言として

「構いません!何よりも国家機密が優先します!」

「おふざけないで!」

「意外と。兄上も甘いようで」

「敵を引き込め!ア・バオア・クーでしらみつぶしにしろ!残った敵の数、決して多くない!」

「赤い彗星も地に落ちたものだな」

を紹介させてもらいました。

キシリア・ザビは、ザビ家きっての野心家として描かれていますが、兄であるギレンやドズルと対立していたことですごく損をしていたキャラクターという印象を持ちました。

仮にギレンと政治的に対立するのではなく共存する道を選んでいれば、ジオン軍の仕掛けた一年戦争で勝利してたのではないでしょうか?

きっと彼女の野心が共存を許さなかったということになると思います。

紫の軍服が特徴的なキシリアの政治力や軍事力に注視しながら、作品を見直してみるのも良いのではないでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BEYOND THE GUNDAM(ビヨガン) , 2019 All Rights Reserved.